【事務系】独学がはかどる!簿記資格のテキスト&関連本7冊まとめ

簿記

実用性&コスパの高さで人気の定番資格「簿記」。私も実際に受験しましたので、感想とネットでの口コミをまじえた簿記おすすめ本をピックアップしてみました。

わたしもまだ勉強中ですが、これからはじめて簿記資格にチャレンジする方はぜひ参考に合格を目指してみてください。

1分解説!簿記資格

簿記資格にはじめてチャレンジする方も多いかと思いますので、はじめにざっくり簿記の概要をお伝えします。

簿記資格の目的は「企業の決算書を作れるようになること」です。決算書は「企業の1年間のお金の動きの総まとめ」をする表のこと。

決算書=財務諸表と呼びますが、簿記2級3級ではこの財務諸表のうち、主に「貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)」の作り方を学びます。経理事務」に就きたい場合は、簿記資格(特に2級)は事実上必須です。

また決算書を理解できるようになることで、経理事務だけでなく株式投資・自営業・確定申告などにも役立ちますので、「勉強しておいて損のない実用性の高い資格」として非常に人気です。

はじめて勉強する方におすすめの勉強方法

簿記検定

簿記資格のテストはマークシート方式ではなく、実際に数字の計算などが必要になります。実用性の高い資格とはいえ、数字にアレルギー反応がある方はとっつきにくいと感じるかもしれません。

私も知識ゼロの状態からテキストの順番通りに勉強にとりかかったのですが、全くもってちんぷんかんぷんでした。

そこで飛躍的に理解度があがった方法があります。それは「最初に簡単な決算関連の本を読むこと」と「オンライン動画を駆使すること」です。

【事務系】日商簿記

簿記3級のおすすめテキスト

created by Rinker
¥1,100 (2020/07/05 17:19:04時点 楽天市場調べ-詳細)

簿記資格定番の人気教科書がこちらの「スッキリわかるシリーズ」です。ほとんどの本屋さんで取り扱いがあるはずです。

古本屋さんや中古でもよく見かけますが、簿記資格は最新テキストを購入することをおすすめします。毎年のように範囲改定されているので、最新のテキストでないとわからない範囲が出てきます。

簿記を理解するために必須の「仕分け」について詳しく書かれている印象です。

おなじく滝沢ななみ氏著の簿記テキストです。個人的にはこちらのテキストの方がわかりやすく、さくさく進めることができました。

黒板にかかれたように「仕分け」を資格的に理解できるので、頭にイメージが残りやすい印象があります。

練習問題は多くないので、別途問題集を購入してひたすら実践問題にチャレンジすると効果的です。

簿記を理解するためには暗記ではなく、実際に問題をひたすら解くことが重要です。

問題集はなんでもよいですが、テキストのおなじシリーズを使うと解説のニュアンスが同じテンションなので理解がしやすいです。

簿記2級のおすすめテキスト

簿記2級は、基本的にどのテキストも簿記3級を一通り理解できていることが前提です。

「パブロフ流」のおすすめポイントは、筆者の公認会計士さんがYouTubeで問題の解き方をわかりやすく解説してくれていること!

独学だとちょっと厳しい2級ですが、これなら理解もぐっと深まります。

簿記2級で忘れてはいけないのが工業簿記。

計算が出てくるので苦手意識がある方はとっつきづらいかもしれませんが、実際には商業簿記の方が範囲が広くレベルもあがっているので難易度が高い傾向にあります。

工業簿記はささっと理解したらひたすら問題を解くしかありません。こちらも動画でわかりやすく解説してくれているのがパブロフさんです。

アプリ

パブロフ簿記2級商業簿記lite

パブロフ簿記2級商業簿記lite

yudai yoseda無料posted withアプリーチ

パブロフ流テキスト&YouTubeとあわせて、おなじくパブロフ流アプリもリリースされています。

簿記アプリはたくさんリリースされているのですが、多くが仕分けを覚えるアプリです。その中でも一番実践的な問題をスマホで解くことができたのがこちらのアプリです。

簿記を理解するためのおすすめ決算本

さてここで最初にふれた「決算書関連の本」を紹介します。

テキストの順番通りに進めるとたいてい「仕分けのしかた」からはじまるのですが、これが簿記に苦手意識を持ってしまう原因ではないかと思っています。

未学者向けの決算・財務諸表の読み方の本がたくさん出版されています。

わたしは3冊くらいささっとまとめて読んだあとに勉強を再開したら、理解度が驚くほど深まっていました。ぜひみなさんもお試しください。

実際にビジネススクールなどでも講義を行なっている著者の財務諸表初心者向けの本です。簿記資格に限らず知識として学んでおきたい方にも役立つことでしょう。財務諸表の関連性を頭に入れておくのに非常に有効です。

created by Rinker
¥1,540 (2020/07/05 17:19:20時点 楽天市場調べ-詳細)

「貸借対照表の右とか左とかよくわかんないよ〜」という方はこちらの本がおすすめです。

視覚化・パターン化してくれていることにより、自然と貸方借方がイメージとして頭に残りますので、簿記の初歩レベルを気づけばクリアできているはず。 詠みこむ必要はないのであくまでもイメージを掴むために読んでみてくださいね。

その他の財務諸表の人気書籍はこちら

簿記資格まとめ

わたしは簿記3級をスキップして2級を1ヶ月で受験してあえなく撃破されています。

が、経済の本や経営者が書いた書籍を読むときに驚くほど理解が深まりましたので、簿記の勉強の効果は十分にあったと感じています。

気長に生涯学習の一環として取り組んでいきたいと感じているジャンルとなりましたし、タイミングを見計らって再受験もチャレンジしたいと考えています。

ひと昔前の簿記よりかなりレベルがあがっているとの噂なので、お金に余裕がある方は最初から通信講座で短期集中で勉強するのも効果的。ぜひご自分にあったペースでむりなく勉強してみてくださいね。

簿記資格講座をチェック まとめて資料請求する

資格といえばここ♪人気の資格サイトTOP3

 生涯学習のユーキャン

資格を取るならユーキャン!まずはどんな資格があるかリサーチしてみましょう!

 ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

楽しく学ぶ「たのまな」ならネイル・カラー他、講座数なんと130以上!

 Foresight(フォーサイト)

オリコン顧客満足度No.1!稼げる実用資格はこちらが人気。

Sponsor link
Sponsor link

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です