【事務系】給与計算実務能力検定

企業規模に関わらずどんな企業でも必須の事務業務、給与計算。女性が職場復帰や再就職をする際にも役立つ「給与計算事務能力検定」は、経理系資格のなかでは企業からの評価も高いことが魅力の資格です。ぜひ復職前に勉強してみてはいかがでしょうか。

給与計算実務能力検定資格の難易度や勉強期間

  • 難易度 ★☆☆☆☆
  • 役立ち度★★★★☆
  • 取得期間の目安 3ヶ月

事務職の中でも経理ができる人材は重宝される傾向があります。再就職の際にがんばって経理系の資格を取得しておくと査定アップの可能性も。約3ヶ月と比較的短期間で勉強でき、合格率も高い(17.3月2級試験82.00%)ので、隙間時間に独学しながら資格の取得が目指せます。

こんな方におすすめ

事務の中でも特に経理事務につきたい方にオススメ。経理事務の半数以上は35歳以上との統計があるくらい長く働いていけるお仕事♪結婚後、子育てがひと段落した女性・主婦の再就職にも給与計算実務能力検定試験の資格は強い味方になります!社会保険の仕組みも勉強できるので、家庭にも役立ちます♪

受験資格 どなたでも可。
受験級と内容 1級:複雑な制度やイレギュラーな給与体系にも対応可能、給与計算に関するすべての業務に精通したレベル。
2級:実務上の基礎となる労務コンプライアンスについて正しく理解し、基本的な給与計算の計算を行い、明細を作成できるレベル。
受験料 1級:10,000円(税込)  2級:8,000円(税込)
実施会場と日程 年2回 (1級:11月/ 2級:3月・11月)
試験方法 四肢択一、マークシート方式 ※電卓使用
合格基準 70%以上正答
問い合わせ先 実務能力開発支援協会
URL: https://jitsumu-up.jp/contact/

※試験内容は変更される場合があるので、必ず公式HPより確認をしてください。

給与計算実務能力検定の資格が活かせるお仕事

経理事務は35歳以上の割合が50%以上という統計があり、長く働けるお仕事です。30歳を超えてから勉強を初めても十分にそのスキルを生かすことができるので、事務職希望で少しでも給与をあげたい方は、簿記などと合わせて早めに取得していきましょう。

職種 業務内容 給与目安
  経理事務   帳簿付、財務諸表作成など   20~25万円
一般事務 書類作成、データ入力など 15~20万円
営業事務 プレゼン資料作成、納期管理など 15~20万

※業務内容や給与は目安です。

イメージキャラクター「バイタリティあるあなたは、つながりの深い社会労務士などの資格も目指せます」

デメリット「法改正はしょっちゅう… 常に最新情報にアップデートしていくことが必要だね。」

給与計算実務能力検定で給与アップ

全国600万あまりの全ての企業において行われている給与計算。

給与計算実務能力検定

どこへ行っても必ずできるお仕事があるはずです。給与の仕組みが詳しくわかると、家計管理にも役立ちます。合格率の高さをモチベーションに、キャリアアップを目指していきましょう。

資格といえばここ♪人気の資格サイトTOP3

 生涯学習のユーキャン

資格を取るならユーキャン!まずはどんな資格があるかリサーチしてみましょう!

 ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

楽しく学ぶ「たのまな」ならネイル・カラー他、講座数なんと130以上!

 Foresight(フォーサイト)

オリコン顧客満足度No.1!稼げる実用資格はこちらが人気。

Sponsor link
Sponsor link

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です