WEBデザイナーになるための独学ロードマップDAY5:レスポンシブデザインを習得する – 資格PLUS+

WEBデザイナーになるための独学ロードマップDAY5:レスポンシブデザインを習得する

2021年1月8日
90
Views

独学でWEBデザイナーになりたいあなたにお届けする「WEBデザイナーになるための独学ロードマップ」。独学3ヶ月で副業案件を獲得できることを目指したガイドラインです。スクールの費用が高くてお悩みのあなた。ここから始めてみてください。

DAY5は「レスポンシブデザインを習得する」です。

スマホデザインは習得は必須事項

前回DAY4でドットインストールなどの無料サイトを使って「HTMLとCSS」の学習を行いました。基礎がマスターできたらもうひとつ、レスポンシブデザイン(スマホデザイン)を習得しましょう。

レスポンシブWebデザインは、多様なデバイス(モバイル、デスクトップ、タブレットなど)にデザインを対応させるアプローチで、デザインは、画面サイズ、プラットフォーム、画面の向きに応じて、ユーザーの行動に応えられるべきだと提案します。

Adobe blog

初期段階からモバイルファーストで学習する

CSSでレスポンシブデザインに対応する場合、「MediaQueries」という記入方法を使ってコーディングしていきます。これは各サイトのCSSチュートリアル等々で学習できるので、同様に習得していきます。

今から学習を始めるなら絶対にモバイルファーストでデザインできるように、早いうちから慣れておくのが一番です。専門用語もちらほら出てくるので、書籍を一通り読むのも良い方法なのでいくつか紹介しておきます。

さらにレスポンシブデザイン専用のWEBギャラリーサイトもあるので、合わせてチェックするのがおすすめです。

実務の場合はテンプレートでOKな場合もある

学習前にこちらを見てくださっている場合、「やること多いな..できるかな…」と不安に思っているかもしれません。でも大丈夫です。最近はWordpressを始め、テーマ(テンプレート)を利用できるものは大抵の場合レスポンシブ対応デザインになっているため、ポイントポイントでカスタマイズができるレベルからのスタートでOKです。

まずは「まだ使いこなせないけど理解はできている」状態を目指して、ぐるりと一周学習しておきましょう。

では次回DAY6へ。

主要WEBスクールまとめリスト

プログラミングやWEBデザインを基礎から学べるWEBスクールをまとめています。ジャンル&講座別に主要どころのWEBスクールは全カバー。まずはどんなスクールがあるのかザッと把握したい方はこちらの記事へどうぞ。

まとめリストはこちら>>

では次回DAY6へ。

Article Categories:
デザイン · 無料TIPS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA