【コラム】転職前に活用!「随時試験」実施のWEB資格をリサーチ。

こんにちは、MOMOです。本格的に転職に向けて意識が向き始めましたので、ここらでがんばって資格取得しようと思います。

近所のパート事務からweb業界のフルタイム勤務へと転職する予定で、先2ヶ月くらいの短期間にちゃちゃっと取得できる資格を探しています。

「年に2回」などテスト時期が設定されていると取得しづらいので、「なる早で取得できる資格、随時実施タイプ」の資格があるかどうか改めて確認の上、受験チャレンジします。

※今回紹介するもの全てが随時試験方式ではありません。

Webデザイン技能検定

最初に受験を検討したのが「Webデザイン技能検定」。こちらはウェブ系資格の中で唯一の国家資格です。

どうせお金をかけて取得するなら民間資格より国家資格!と思ったのですが、執筆現在(18年08月)最短で受験できるのは11月末。

webデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、2年以上の実務経験(かそれ同等の基準を満たす場合)がないと最下級(3級)から順番に受けていく必要があるので、こちらは転職した先で勉強しつつゆっくり受験することにしました。

ちなみに35歳以下だと実技が割引になる特典付きです。

 

●Webデザイン技能検定3級

受験時期:年4回
会場:指定会場
費用:学科 5,000円  実技 5,000円 ※35歳未満 3,000円
試験内容:学科45分/実技60分

詳細をまとめた記事へ

 

HTML5プロフェッショナル認定試験

次に受験を検討したのが「HTML5プロフェッショナル認定試験」です。HTMLはプログラミング言語全ての基本と言っても過言ではない、マスター必須の言語です。

ということで「未経験ですが何卒…」というためにも取得しておくとある程度の目安にはなるのではないかと思います。

気になる日程は、全国各地から日時・会場を自由に選択して受験できる「ピアソンVUEテスト」です。※いわゆるCBT方式

場所にもよりますが当日予約ができるところもあるようなので、お近くに会場がある方は思い立ったその日に受験できます。ピアソンVUE:テストセンターリストから検索してみてください。

HTMLプロフェッショナル認定試験

HTML5,CSS3,レスポンシブWebデザインなど基礎的なマークアップ技術が試験範囲になり、費用はLevel.1&2ともに15,000円(税別)です。修行中の身としてはちょっとお高いので一旦保留。(記事の最後にどれ受けるかまとめます)

●HTML5プロフェッショナル認定試験Level.1

受験時期:随時試験
会場:全国の提携会場
費用:15,000円(税別)
試験内容:CBT方式90分

詳細をまとめた記事へ

 

Photoshopクリエイター能力認定試験

転職活動のために資格を取得するなら、コーディング能力だけでなくデザイン能力を示すものでもいいのでは?と検討したのが「Photoshopクリエイター能力認定試験」です。

ビジネス資格に特化した団体「サーティファイ」が主宰する資格です。

こちらの試験日程は「随時試験方式」にてお好きな会場と日時を選択できるとのこと。

さっそく検索してみたところ自分が該当する試験会場は都内1箇所のみ。土日のみ開催の今月いっぱいはすでに満席でした。

Photoshopクリエイター能力検定

随時試験と言えど、気になる資格は早めにリサーチして日程調整しておくのがおすすめです。

費用はスタンダードで7,400円とお手頃価格なので、こちらは受験候補。web屋を目指しているので同様試験のIllustratorは後回し。

●Photoshopクリエイター能力認定試験スタンダード

受験時期:随時試験
会場:全国の提携会場
費用:7,400円(税込)
試験内容:実技 前半40分+後半90分

詳細をまとめた記事へ

カラーコーディネーター検定

 プログラミング言語の習得には少し時間がかかりそうなので、もう一個デザイン能力を示す資格「カラーコーディネーター検定」も検討してみます。

カラーコーディネーターの資格はプロダクトカラーに強く、ウェブ配色にも使える知識が満載です。

リサーチしたところ、試験実施は年2回。最短受験で12月なので射程範囲内ではありますが、成績発表が1月下旬とけっこう遅いので私は一旦保留。急ぎではなく、期間を決めてチャレンジしたい方はぜひどうぞ。

カラーコーディネーター

さらにWEB業界でPRするにはちょっと弱い気がします(特に3級では…)

●カラーコーディネーター検定3級

受験時期:年2回
会場:全国の商工会議所(受験票にてお知らせ)
費用:5,250円(税込)
試験内容:マークシート120分

詳細をまとめた記事へ

PHP技術者認定試験

最後にがっつりプログラミング言語の資格を取ってしまおう作戦。取得を検討するのは「PHP技術者認定試験」です。

JAVAでもRubyでもなんでもいいですが、PHPはワードプレスで使われているので、汎用性が高いような気がすることからです。こちらのサイトもワードプレスなので、他の言語よりは見慣れているのもポイントです。

PHP技術者認定試験はCBT方式にて随時試験実施。こちらは多くの提携試験会場でほとんど1年中開催されているので、わりといつでも受験することが可能なようです。全国にあるプロメトリックの試験会場から調べてみてください。

シェルソフト

気になる難易度は「本当の初心者だと100時間」、PHP経験者なら10時間でもいけちゃう人もいるようですが、私は100時間と考えて、1日3時間×33日かかります。

夏休みの宿題だと持って詰め込み学習いけるでしょうか。前向きに検討したいです。

●PHP技術者認定試験

受験時期:随時試験
会場:全国の提携会場
費用:12,000円(税抜)
試験内容:CBT方式60分

詳細をまとめた記事へ

転職前提なら随時試験方式がおすすめ 

ここまで自分のために調べながらまとめてきましたが、トライしたい資格がまとまってきました。

転職前提で資格を取得するならいつどこで面接が決まるかわかりませんし、働きながら日程調整する必要もあるので、随時試験(CBT)方式の資格があればそちらを受験するのが気軽です。

CBT方式の受験だと合否結果が受験後すぐわかる場合も多く、仮に失敗してもすぐに再チャレンジできますからね!

ということでweb業界へ転職前に取得したい資格はこちらになりました。

・Photoshopクリエイター能力認定試験
・PHP技術者認定試験
・Webデザイン技能検定

イメージキャラクター
「ある程度スキルが身についている「Photoshopの資格」→無理かもだけどトライしたい「PHPの資格」→最後に時期ずれだけど国家検定である「webデザイン技能検定」の資格取得に向けて勉強します♩」

2番目のPHPが鬼門ですが、資格取得を目指してがんばって習得すれば、ワードプレスでのポートフォリオサイト作成能力向上にも繋がるのではないかと考えています。いや、でもちょっときついかな…笑

まとめ

今回はとっても個人的な資格取得検討記事になってしまいましたが、少しは参考になれば幸いです。

プログラミング学習

随時試験方式は会場やお使いのソフトのバージョンによってすぐに予約満席になってしまっている場合もありますので、お早めのリサーチがおすすめ。

またwantedlyに登録したり求人活動も始めましたので、こちらもそのうち記事にできればと思っています。

ゆるりとがんばりましょう〜では!

webデザイン・プログラミング初心者OK♪人気のウェブスクール

 

主婦・ママ限定のWebデザインコース【WebCamp】

女性人気No.1!短期集中1ヶ月でウェブサイトが作れるように!ママ友もできるかも♪

Tech Boost

通学&通信どちらも可!本気で転職を考えている方向けのサポート付き♪

TechAcademy

初心者向けハウツーブログでも有名♪オンライン完結型で忙しいママさんでも気軽に学べる♪

Sponsor link
Sponsor link

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です